健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

ビワの葉とこんにゃく温湿布で毒出しをする方法

以前うちの家族が友人から聞いた民間療法としてビワの葉をこんにゃく湿布を載せて患部を温める方法を教えてもらいました。

ビワの葉やこんにゃくは毒素を吸い出す作用があります。これは主に東洋医学の考え方ですが、ネットを調べてみると意外と実践している人が多いことに驚かされます。

意外と手軽にできるので方法をご紹介しておきます。

おことわり:びわの葉の毒出しはいわゆる民間療法として用いられているものです。自己責任の上、実行されることをおすすめします。

 

ビワの葉とこんにゃく温湿布の方法

◆まずはビワの葉の準備です。

近所の公園に行くと植えてあるかもしれません。もし心当たりがなければ友人に聞いてみて庭にビワの木が植えてないか聞いてみましょう。我が家は歩いて5分の友人の家に木が植わっていました。

その中から数枚葉をもぎ取ります。新しい葉っぱよりも成熟して色が濃く、厚みがあるような葉っぱの方が効くと言われています。とりあえず数日分いただくとしましょう。

表面の汚れを取り除くために使用前に軽く水で流します。

◆次にこんにゃくの準備です。

近所のスーパーで売られているもので構いません。温めて→使うの繰り返しで何度か使えるはずです。こんにゃくがカチカチになったら替えどきです。こんにゃくも毒素を吸っているので、使用後は食用には適しません。

こんにゃくを茹でたものをタオルなどで巻きます。身体は横になった状態でビワの葉を毒素を吸い出したい箇所に置いて、その上に温まったこんにゃくを乗せて20分ほどそのままにします。

そうすると、ビワの葉っぱが真っ黒になるのが分かります。これはビワの葉っぱが毒素を吸いだした証拠のようで、日によって変色する部分が異なります。我が家では婦人科を患っている人がいるので下腹部に当てています。

こんにゃくは使用したら軽く水洗いしてから容器に入れて冷蔵庫で保管しておきます。もしこんにゃくが手元になければ炒った塩をタオルにくるんでビワの葉の上に乗せても構いません。同様に患部を温める効果があります。
 
スポンサーリンク


 - 健康まめ知識

  関連記事

中性脂肪を下げるために押さえておきたい3つの点

初めて受けた市の特定健診で中性脂肪値が引っかかってしまいました。 値は204(基 …

簡単!外出時に熱中症を予防する方法

夏の時期には外出時にも熱中症にかからないように気をつける必要があります。特にお年 …

注意!休日の寝坊は仕事効率を下げることになる!?

文部科学省が実施した睡眠と生活習慣の関係についての調査から興味深い点を知ることが …

子どものアタマジラミ予防/対処法

ここ近年子どもたちのアタマジラミの感染が増えつつあるようです。 しかし多くの方に …

私が飲めないコーヒーの種類とその理由

私は元々コーヒーが好きで中学生の頃から豆を引いて入れたコーヒーを飲んでいたのです …

膿栓(臭い玉)は病院の何科で除去できるの?

くしゃみや喉の奥に力を入れた時に出てくることがあるのが膿栓(臭い玉)ですが、口臭 …

気象病?台風が近づくと頭痛がする理由と解消法

天気予報を見ると台風が徐々に近づいており私の住んでいる地域にも影響がありそうです …

下痢をすると、お尻がヒリヒリ痛くなる理由とは?

先日、食べた物が当たったのかエアコンでお腹が冷えたのかは分かりませんが突然の腹痛 …

子どもの肥満-原因と対策について

子どもたちを見ていると以前よりも太っている子たちが多いと感じることはないでしょう …

夜食のお供に!アーモンドの効果は抜群

夜のふとした時に突然何か食べなくなることはないでしょうか。そんな時にスナック菓子 …