健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

春から夏にかけてのめまい-自律神経の乱れが原因?

体調について以前から気になっていたことがあります。

それは春から夏の時期にかけて原因不明のめまいが起こることです。それはちょうど春の終わり、初夏の時期にかけてから梅雨に入る位の時期です。

特に机に向かって仕事をしている時に症状が顕著です。今のところ仕事に大きく差し障る訳ではないので医療機関は受診していないものの、近年はこの時期になると毎回起こるので気になっています。

重篤な疾患の可能性を排除して考えると、私のケースは以下の結論に至りました。自分自身の備忘録も含めて記録しておきます。
 

めまいは自律神経の乱れが原因でも起こる

自律神経というのは身体が自動に内蔵や血管などをコントロールする機能で交感神経と副交感神経で成り立っています。この両方は昼夜絶妙なバランスで身体を制御して健康に日常生活が送れるよう助けてくれます。

その一方、自律神経のバランスが崩れてしまうと身体の各部分に不調和が起きて、理由の分からない体調不調(不定愁訴)を引き起こします。

場合によっては自分が症状の原因を知らないだけで別の疾患が隠れていることもあるので、症状の程度に応じた検査は必要です。それらの要因を除外した時に不定愁訴の原因を自律神経失調症と診断します。

症状は様々で、頭痛や肩こりから原因不明のイライラや不安感などがあります。私が春から夏にかけて起きるめまいもその一つです。

◆季節的な要素も原因となる

自律神経の乱れには季節的な要素もあります。冬から夏の時期にかけて身体は交感神経から副交感神経が活発になるようです。その結果、自律神経が乱れる原因となるのです。

その他、私の性格には自律神経を乱しやすい要素があったり、運動不足や生活バランスが悪いといったリスクファクターが存在しています。

気になる方は医療機関を受診しよう

今のところ、私の場合は生活に支障が出るほどでもなく、気になりつつも普段通りに活動をしています。

自律神経の乱れには広範に渡る症状が存在しており、なおかつ他の疾患を排除しなければなりません。なおかつ心因性のもの(うつ病やパニック障害)である可能性もありますので、気になる方は一度医療機関を受診してみることをおすすめします。
 
スポンサーリンク


 - 病気の原因や対策

  関連記事

つばを飲み込む時に喉がつかえる感じがするのは?

最近つばを飲み込む時に喉に何かがつっかえている感じがしてなりません。意識してつば …

正中頸嚢胞とは?原因と治療法を詳しく解説

少し前に家族が脂肪腫らしきものになったと書きましたが実は事態の進展が見られました …

糖尿病を予防するために、まず知っておきたいこと

日本における糖尿病の患者数はすでに700万人を超えており、予備軍と呼ばれている人 …

膝のぐらつきを抑える方法

最近歩いていて膝がぐらつくと感じることはありませんか。 膝のぐらつきには様々な理 …

全身性エリテマトーデス(SLE)と精神障害の関係

私の友人で昨年から言動が普段の様子とは異なることが多くなった人がいます。周囲から …

職場で風邪を引いたら誰がマスクを付けるべきか

風邪が流行る時期になると職場でも一人、また一人と風邪を引いていく人が増えてゆきま …

痛いっ!ぎっくり背中の治し方と予防法

以前に仕事中、重い荷物を連続して受渡していた時のことです。突然「ピキッ!」と一瞬 …

禁煙をする時にお酒の量を制限する必要性とは?

最近はタバコの値段が高くなってきているのと健康への害が取り上げれらることが多くな …

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と扁桃腺の関係

ここ最近気になっているのが睡眠時に呼吸が止まることです。熟睡している時、急に苦し …

職場でもすぐにできる!簡単ストレス解消法

ストレスは免疫力を低めて風邪の原因になるだけでなく、様々な病気の元になりかねない …