健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と扁桃腺の関係

ここ最近気になっているのが睡眠時に呼吸が止まることです。熟睡している時、急に苦しくなって起きることがしばしばあります。以前は夜の睡眠時だけだったのが今は昼寝をしている時にもなることがあります。

私の友人にも睡眠時無呼吸症候群に悩まされている人がいて通院をしているのを思い出し、ネットの情報をまとめてみました。あくまでも個人的な備忘録になりますが参考にされてください。
 

扁桃肥大が原因の一つ

睡眠時無呼吸が肥満の方によく見られることは現在は周知の事実のようです。しかし私の場合は肥満というよりかは痩せ型体型なので該当しません。

しかし扁桃肥大の人も睡眠時無呼吸になりやすいようで約2割の人の原因に該当します。私も子どもの頃から扁桃腺が大きいと言われてきました。風邪を引いて医者に行くと必ずと言って良いほど指摘されていた点です。

上向きで寝る癖があるので、就寝時に扁桃腺の部分が喉を塞いで呼吸を阻害している可能性も多いに考えられます。

私は扁桃肥大なのでもしかしたらこれが原因なのかもしれません。

◆どの科を受診すれば良いの?

中規模以上の病院(大学病院など)で呼吸器内科や耳鼻咽喉科に付随して専門医がいるところが望ましいです。一般的な科からさらに細分化されて「睡眠時無呼吸外来」が設定されていることもあります。

ネットで「地名+睡眠時無呼吸外来」で検索するとお住まいの近くにいる専門医を探し当てることができます。

病院で簡易/精密検査を行えば確実に睡眠時無呼吸症候群なのかどうかを判別することができます。素人目には決められませんが、もし原因が明らかに扁桃肥大で手術を行う可能性が高いのであれば、最初から手術が可能で信頼できる大病院にかかるのも一つの方法です。

注意を一言:手術というのはあらゆる方法を試して効果がなかった場合の最終手段になります。必ずしも手術で劇的な改善に至るわけではない場合もあります。判断は主治医との話し合いの上で慎重に決める必要があります。

もし近所に評判の良い専門医がいるのであれば、病院の規模に関わらずまず受診してみることもできるでしょう。

私の場合はもう少し様子見です。
 
スポンサーリンク


 - 病気の原因や対策

  関連記事

油もので腹痛になるが下痢ではない、その理由とは?

最近、不思議な症状に悩まされました。 油を多く使ったラーメンを食べたところ、ちょ …

糖尿病を予防するために、まず知っておきたいこと

日本における糖尿病の患者数はすでに700万人を超えており、予備軍と呼ばれている人 …

職場で風邪を引いたら誰がマスクを付けるべきか

風邪が流行る時期になると職場でも一人、また一人と風邪を引いていく人が増えてゆきま …

理由が分かれば安心!生理前のイライラを抑える方法

ある調査によると女性の9割以上の方が生理前になると普段よりイライラすると感じてい …

本当に大丈夫?右脇腹の痛み-実は様々な原因がある

突然に右脇腹が痛くなったことがあるでしょうか。 場所が場所だけに心配になるのも無 …

急に腰を痛めた時(筋・筋膜性腰痛症)の対処法

先日、突然腰を痛めてしまいました。 昼食をいただいていた時に急に腰が痛くなり動か …

プール熱(咽頭結膜熱)の症状と二次感染を防ぐ

昔は子どもたちにとって夏といえばプール!と言うほど楽しみにしていましたが今はどう …

風邪を引いた時に薬は必要ないのか?

お医者さんの中にも「風邪を引いた時に薬は要らない」という考えを持っている方がいる …

酒さ(しゅさ)様皮膚炎の原因と治療法

私の身内で冬の乾燥した時期に突然目の周りと頬の上の部分が赤らんできて痒くなってき …

膝のぐらつきを抑える方法

最近歩いていて膝がぐらつくと感じることはありませんか。 膝のぐらつきには様々な理 …