健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

新五月病(六月病)と五月病の違いと治療方法

以前は学校を卒業した新入社員がゴールデンウィーク開け頃になると何にもやる気がなくなってしまう現象を「五月病」と言っていました。

最初はやる気に満ちて頑張っていたのに、GWを過ぎると糸が切れてしまった凧のように力が出なくなってしまうのです。しかし現在は五月病に加えて新五月病(六月病)なるものがあります。

その違いを詳しく解説しています。
 

新五月病(六月病)も一種の適応障害

普通の五月病と新五月病の症状は基本的に同じです。では何が異なるのでしょうか?

◆それは年代です

いわゆる五月病というのは新卒で入社してきた新入社員のこと(広義では学校に上がった学生も指すようです)ですが、新五月病は「その他の年代の社員」を指します。(中年世代も含む)

どういう意味でしょうか?

日本の多くの企業は4月を区切りとして人事異動をします。それで新入社員以外の人も新たな環境に置かれることがあります。

例えば今までデスクワーク中心だったのが急に外回りの部署に配置換えになったり、転勤や出向で大きく環境が変化するのが原因となることがあります。

五月病の場合はGWのまとまった休み明けに症状が出るのに対して、新五月病は5月あるいは6月になって出ることがあるので「六月病」とも言います。

つまり適応障害というのは誰にでも起きうる可能性があるので注意が必要です。ではどうやって対処することができるのでしょうか。

◆新五月病(六月病)の治療方法

多くの方はこの時期が過ぎると自然に治ってゆく(新たな環境に慣れてゆく)ので心配ありません。しかし人によっては症状が重くなることがあります。

もし症状が軽ければ一般的なストレス解消法(好きなことをする、ゆっくり休む、信頼できる人に相談する)で自然と治ってゆきます。

しかし症状が重いならば、それをきっかけとしてうつ病などに発展することがあるので細心の注意が必要です。

対処策としては早めに心療内科や精神科といった専門医に相談することです。新五月病(六月病)は誰にでも起こりうるものなので、気負いせずに早めに症状に見合った科を受診されることをおすすめします。
 
スポンサーリンク


 - 病気の原因や対策

  関連記事

春から夏にかけてのめまい-自律神経の乱れが原因?

体調について以前から気になっていたことがあります。 それは春から夏の時期にかけて …

実は虫歯よりも恐い!?歯肉炎と歯周炎の違いとは?

最近歯をみがいている時に歯から血が出ることに気が付きました。私の以前の認識だと「 …

歯肉炎を治す方法(※予防も)

歯周病の中でも第一段階に相当するのが歯肉炎です。そのまま放っておくと歯槽骨にまで …

急に腰を痛めた時(筋・筋膜性腰痛症)の対処法

先日、突然腰を痛めてしまいました。 昼食をいただいていた時に急に腰が痛くなり動か …

膝のぐらつきを抑える方法

最近歩いていて膝がぐらつくと感じることはありませんか。 膝のぐらつきには様々な理 …

正中頸嚢胞とは?原因と治療法を詳しく解説

少し前に家族が脂肪腫らしきものになったと書きましたが実は事態の進展が見られました …

全身性エリテマトーデス(SLE)と精神障害の関係

私の友人で昨年から言動が普段の様子とは異なることが多くなった人がいます。周囲から …

油もので腹痛になるが下痢ではない、その理由とは?

最近、不思議な症状に悩まされました。 油を多く使ったラーメンを食べたところ、ちょ …

白目が赤くなった!眼科で結膜下出血と診断

鏡を見ると白目の部分が赤くなっているのに気が付きました。 どうやら出血しているよ …

糖尿病を予防するために、まず知っておきたいこと

日本における糖尿病の患者数はすでに700万人を超えており、予備軍と呼ばれている人 …