健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

生食は危険!鶏肉がカンピロバクター食中毒の原因に

皆さんはご存知でしょうか?食中毒の原因として多いのがカンピロバクター菌です。

ノロウイルスなどに比べるとあまり聞き慣れない菌かもしれませんが、実はスーパーなどで購入する鶏肉の7割前後からカンピロバクター菌が検出されているそうです。

普通に鶏肉を食べること自体には問題はありません。しかし「食べ方」を間違えると痛い目に遭ってしまいます。

気をつけるべき方もいるので、その理由を解説したいと思います。
 

カンピロバクター菌とは?危険性について

カンピロバクター菌とは私たちが普段スーパーで購入する牛・豚・鶏肉の内蔵(腸)に含まれているもので、食べてから3日前後してから発症します。

下痢や嘔吐をはじめ、熱が出てくるのですがこの時に「昨日何食べたっけ?」と考えると該当するものがなく焦ってしまうので、数日にさかのぼって食べた物を思い出す必要があります。

カンピロバクター菌による食中毒は命に関わることはありませんが、難病のギランバレー症候群を併発することがあるので要注意です。それで体調が悪くなったら直ぐに医療機関を受診することをおすすめします。

◆とにかく生の鶏肉を食べないこと

鳥の生食をする方はあまり聞いたことがありませんが、十分に加熱されていない状態の鶏肉(または内蔵)を食べると生食の状態と同じことになります。

鳥のささ身-生肉

他には鶏肉が菌に汚染されていた時に、肉を切った包丁を洗わずにそのまま野菜を切ってサラダなどを作っても間接的に菌が移る恐れがあるので注意が必要です。

◆飲食店で注意したいこと

飲食店が提供するものだからといって安心はできません。例えば鳥のささ身を湯通ししただけの物は表面は加熱されていますが中身は生のままです。焼き肉をする場合も同様で、十分に焼けていない鶏肉の中は生のままなので十分に加熱しましょう。

昨今の食中毒の報道を見ていると飲食店の提供するものを鵜呑みにしてしまった結果生じている件もあるので、消費者が賢くなる必要があります。

鶏肉が原因でカンピロバクター菌による食中毒になっている方が割合としては多いので、特に鶏肉を食べる時には十分に加熱されているものを食べるように気をつけたいものです。
 
スポンサーリンク


 - 病気の原因や対策

  関連記事

急に腰を痛めた時(筋・筋膜性腰痛症)の対処法

先日、突然腰を痛めてしまいました。 昼食をいただいていた時に急に腰が痛くなり動か …

セデンタリー症候群とは?仕事中にできる対処法

「座りすぎの弊害」というのをご存知でしょうか?これはセデンタリー症候群と言ってデ …

春から夏にかけてのめまい-自律神経の乱れが原因?

体調について以前から気になっていたことがあります。 それは春から夏の時期にかけて …

ナノイーなどの空気清浄機は花粉症に役立つか?

花粉症の時期になると外出時だけでなく家にいる時も何とか花粉症の症状が出ないように …

良性発作性頭位めまい症の原因と治療法-体験談

ある日突然、起き上がろうとした時めまいがした経験はあるでしょうか。 めまいの程度 …

ヒートショック!冬の時期に起こりやすい入浴中事故の予防策とは?

冬場になると毎年のように入浴時に亡くなる人が出てきます。数年前の消防本部の報告に …

禁煙をする時にお酒の量を制限する必要性とは?

最近はタバコの値段が高くなってきているのと健康への害が取り上げれらることが多くな …

インフルエンザ予防に加湿器が役立つ理由

日本の気候では冬の時期が一番風邪を引きやすい時です。インフルエンザも冬になると流 …

乳がんの検診を市町村の開始時期より早く行う理由

以前に身内で乳がんが発見された人がいます。ちょうど40歳になった時の市町村の婦人 …

つばを飲み込む時に喉がつかえる感じがするのは?

最近つばを飲み込む時に喉に何かがつっかえている感じがしてなりません。意識してつば …