健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

セデンタリー症候群とは?仕事中にできる対処法

「座りすぎの弊害」というのをご存知でしょうか?これはセデンタリー症候群と言ってデスクワークに長時間従事している方の多くが該当します。

一日中仕事で椅子に座って作業しているとほとんど動かないことが多く、その結果運動不足となり肥満率が上昇します。そうなると糖尿病をはじめとして心疾患や様々な病気にかかる確率が上がるのです。

座りながら作業している方が歩きまわるより楽に感じます。しかし一日中外で肉体労働をしている方に比べるとカロリーの消費量が圧倒的に少なくメタボになりやすいのも事実です。

つまり座り過ぎによる様々な疾患率の上昇につながる状況をセダンタリー症候群と呼ぶのですが、どのようにして予防することができるのでしょうか。
 

仕事中にできるだけ歩くように心がけるには?

朝の通勤時と夕方の帰宅時を除いて一日仕事をしている中でどのくらい歩いているでしょうか。一番理想的なのは一時間ごとに少し歩く時間を設けることですが自由が利かないかもしれません。

それで昼休みの時間は外で食事を取るにしてもついでに歩くように心がけたいものです。10分から15分くらいでも構わないので身体を動かす時間を取り入れるようにしましょう。

簡単にできる別の方法としては「階段の昇り降り」が挙げられます。できるだけエレベーターを使わないで階段を使うようにするだけで歩く距離を稼ぐことができます。

人間は自然と楽な方に流れがちなので、それと反対の方向に向けた行動をするようにするだけでも身体の鍛錬にもなります。なおかつ長期的に見て運動不足が起因する疾患を避けることができるので一石二鳥です。

まとめ:身体に悪影響を及ぼす習慣は改善しよう

セデンタリー症候群はタバコと同列に挙げられるほとの害があると言われています。害の程度について判別するのは簡単ではありませんが、座りっぱなしの生活は確かにマイナスになるので、できるだけ歩くことを考えるようおすすめします。
 
スポンサーリンク


 - 病気の原因や対策

  関連記事

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と扁桃腺の関係

ここ最近気になっているのが睡眠時に呼吸が止まることです。熟睡している時、急に苦し …

インフルエンザ予防に加湿器が役立つ理由

日本の気候では冬の時期が一番風邪を引きやすい時です。インフルエンザも冬になると流 …

全身性エリテマトーデス(SLE)と精神障害の関係

私の友人で昨年から言動が普段の様子とは異なることが多くなった人がいます。周囲から …

乳がんの検診を市町村の開始時期より早く行う理由

以前に身内で乳がんが発見された人がいます。ちょうど40歳になった時の市町村の婦人 …

酒さ(しゅさ)様皮膚炎の原因と治療法

私の身内で冬の乾燥した時期に突然目の周りと頬の上の部分が赤らんできて痒くなってき …

【保存版】血流を改善して肩こりを解消する方法

デスクワークをされている方の多くが肩こりを抱えています。実際に病院へ行くほどでは …

白目が赤くなった!眼科で結膜下出血と診断

鏡を見ると白目の部分が赤くなっているのに気が付きました。 どうやら出血しているよ …

新五月病(六月病)と五月病の違いと治療方法

以前は学校を卒業した新入社員がゴールデンウィーク開け頃になると何にもやる気がなく …

花粉症の時期に避けるべき食べ物と飲み物とは?

3月に入ると日本列島のほとんどの地域が花粉で覆われるようになります。お住まいの場 …

夏の時期にピークを迎える手足口病に注意

お子さんのいる家庭であれば誰でも知っている手足口病ですが夏の時期になると流行のピ …