健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

実は虫歯よりも恐い!?歯肉炎と歯周炎の違いとは?

最近歯をみがいている時に歯から血が出ることに気が付きました。私の以前の認識だと「歯から血が出る=歯槽膿漏になる」という認識のみでしたが段階があるようです。

いわゆる歯周病と呼ばれているのは歯とその周辺の組織に生じる変性の総称ですが、ここでは虫歯と歯ぐきを分けて考えたいと思います。
 

歯肉炎と歯周炎の違い

歯肉炎になると歯をみがいた時やフロスを使った時などに出血が見られます。または歯医者さんへ行った時に器具を使って検査した時に出血するのも歯肉炎が理由です。

歯肉炎というのは歯周病の初期の段階ですが侮れない存在です。この時点で放っておくと徐々に悪化してゆき歯周炎へと発展してゆきます。

歯肉炎から歯周炎になるまである程度の時間がかかりますが、歯周炎が発症するまで症状が出ないこともあるので要注意です。

歯周炎になると歯ぐきからの出血をはじめ歯ぐきがやせ細ってきて、歯が長く見えたり隙間があるようになってきたり、ひどくなるとぐらついてくることもあります。

最終的には抜歯しなければならなくなるので早めの対策が必要です。

原因と対策について

原因は歯の表面に付着する歯垢が一番大きな要因です。歯垢が固まってゆきと歯石となりますが、いずれも細菌が歯ぐきに媒介することになります。

そうすると歯ぐきや内部に細菌が進行してゆき歯肉炎や歯周炎を引き起こします。

つまり、歯の中を清潔に保っていないと歯周病になるリスクが高まるので食後を含め定期的なブラッシングは欠かせません。その他にも糖尿病や喫煙、妊娠などが関係しています。

直ぐにでもできる対策は生活習慣の徹底です。定期的な歯磨きの習慣は歯周病にかかるリスクを低減させてくれます。それと共にお酒を飲み過ぎないことや禁煙も大切です。

いずれにしても定期的に歯科医に行って検査してもらうのが確実です。虫歯の検査だけでなく歯周病の有無も同時に見てもらいつつ歯垢も落としてもらえれば歯周病の予防にもなります。

まとめとして

歯周病は歯磨きを含めた生活習慣の徹底と定期的な検査で予防できるものです。一度かかってしまうと時間もお金も費やすことになるので予防が一番の対策です。
 
スポンサーリンク


 - 病気の原因や対策

  関連記事

酒さ(しゅさ)様皮膚炎の原因と治療法

私の身内で冬の乾燥した時期に突然目の周りと頬の上の部分が赤らんできて痒くなってき …

セデンタリー症候群とは?仕事中にできる対処法

「座りすぎの弊害」というのをご存知でしょうか?これはセデンタリー症候群と言ってデ …

職場でもすぐにできる!簡単ストレス解消法

ストレスは免疫力を低めて風邪の原因になるだけでなく、様々な病気の元になりかねない …

経口補水液-下痢になった時の水分補給法

先日急にお腹が痛くなり下痢に悩まされてしまいました。一日5回も下痢でトイレにいく …

膝のぐらつきを抑える方法

最近歩いていて膝がぐらつくと感じることはありませんか。 膝のぐらつきには様々な理 …

油もので腹痛になるが下痢ではない、その理由とは?

最近、不思議な症状に悩まされました。 油を多く使ったラーメンを食べたところ、ちょ …

つばを飲み込む時に喉がつかえる感じがするのは?

最近つばを飲み込む時に喉に何かがつっかえている感じがしてなりません。意識してつば …

職場で風邪を引いたら誰がマスクを付けるべきか

風邪が流行る時期になると職場でも一人、また一人と風邪を引いていく人が増えてゆきま …

歯肉炎を治す方法(※予防も)

歯周病の中でも第一段階に相当するのが歯肉炎です。そのまま放っておくと歯槽骨にまで …

意外と知らないインフルエンザ流行の開始基準

昨日のニュースでインフルエンザが全国的に流行し始めたと報道されていました。毎年こ …