健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

病気!?おしっこ(尿)の泡が消えない理由とは?

健康な方でも一日に最低でも5回くらいはトイレに行きますよね。

その時に尿の色や様子などを確認しているでしょうか?時にはおしっこの色だけでなく形状も確認してみましょう。というのは、泡立って残っていないかどうかです。

尿が泡立っている原因は一体何でしょうか。何かの病気が潜んでいるでしょうか。考えられる原因をいつくか挙げてみましたのでチェックしてみましょう。
 

健康な人でも尿が泡立つ理由

尿の成分のうち約98%が水で、残りの2%がさまざまな成分が含まれています。排泄された尿は普通の水分と同様、空気を含むので泡立つのはごく普通の現象です。

[参考資料] wikipedia:尿

健康な人でも尿が泡立つ理由の一つは、体内の水分が減少して尿の粘度が上がることが挙げられます。

例えば夏の時期、たくさん汗をかいて水分が失われたり、スポーツをした後に、本来尿から排出される水分が皮膚から出てゆくため、尿の粘度が上がり泡立つことがあります。

逆に冬の時期でも、乾燥しているので肌から水分が失われて同様の現象が起きることがあります。これらの場合は特に病気ではないので、心配ありません。

気をつけたいのは、何らかの病気が潜んでいるかもしれないケースです。

腎機能の異常でも尿が泡立つ

健康な人の場合、尿にタンパク質はほとんど含まれません。しかし腎機能に異常があると(糸球体-尿細管)タンパクがそのまま排出されるので、蛋白尿になるのです。

蛋白尿は腎機能の異常のサインです。有効な検査方法は尿検査です。一度だけ検査しただけでは原因を見極めることが難しいので、定期的な検査が必要になることがあります。

簡単に言うと、尿は腎臓の健康度合いを示すバロメーターなのです。会社や自治体などの健康診断を受けてくて、心配な方は一度調べてみることをおすすめします。

糖尿病の可能性もある

一般的に健康な人であれば、空腹時の血糖値は110mgdlに満たないのですが、血糖が160mg/dl以上に達すると排尿時に糖も同時に排出されることになります。

あくまでも一つの目安に過ぎませんが、清涼飲料水や食事の後、トイレに行った時に尿の泡立ちがあるならば、尿糖の可能性も考えられます。

しかし糖尿病かどうか確認するためには、単なる尿の見立てではなく、血糖値を調べたり尿検査などが必要になります。やはり40歳を過ぎる頃から定期的な検査は欠かせません。

他にも、血液中にある蛋白が増えることによって蛋白尿を排出されることがあります。白血病もこの一つです。この場合は単に尿の泡立ちだけでなく、他の症状も見られるはずです。

血液検査で判断します。

腎臓の異常や糖尿病には特に気をつけたい

ここまで考えたように、尿の泡立ちは健康な人のケースを除き、腎臓の異常や糖尿病として現れることがあります。しかし尿の泡立ちというのは、単に個人的な所見に過ぎません。

定期的に尿検査や血液検査を受けるなどして、客観的な仕方で自分自身が健康かどうかを見極めることにしましょう。つまり尿の泡立ちは一つの参考にすぎないということです。
 
スポンサーリンク


 - 健康まめ知識

  関連記事

ビワの葉とこんにゃく温湿布で毒出しをする方法

以前うちの家族が友人から聞いた民間療法としてビワの葉をこんにゃく湿布を載せて患部 …

豚の生レバーを食べても安全か?

2014年中にE型肝炎にかかった人が150人ほどおり、原因の中で一番多かったのが …

寝酒は本当に効果があるのか?

夜なかなか寝付けないという方は自分なりの方法を持っていると思います。 もしかする …

えっ風邪!?実は秋の花粉症かも

9月になると少しずつ涼しくなりますが「少し体調が悪い」と感じることがあるでしょう …

膿栓(臭い玉)は病院の何科で除去できるの?

くしゃみや喉の奥に力を入れた時に出てくることがあるのが膿栓(臭い玉)ですが、口臭 …

茶髪ですか!?子どもの毛染めが及ぼす影響とは?

遠い昔に学生生活を終えた私にとって今の小学生たちの中に茶髪とかしている子がいるの …

注意!休日の寝坊は仕事効率を下げることになる!?

文部科学省が実施した睡眠と生活習慣の関係についての調査から興味深い点を知ることが …

40代女性は必見!びまん性脱毛症の原因と対処法

女性の方で40代に入ってから髪の毛のハリ・コシがなくなってきたと感じている方は少 …

数字で見る!日本人がスギ花粉症になりやすい理由とは?

日本全国で約4人に1人はスギ花粉症にかかっていると言われています。 なおかつ花粉 …

風邪が治ると便秘も治るのはなぜ?

先日風邪を引いた時のことですが、食事をしてもなんだかトイレに行きたいような行きた …