中年の膝が痛い女性

膝の痛みの原因の多くが変形性ひざ関節症といって徐々に膝の関節が変形してくるものです。悩まされている方の割合は女性のほうが圧倒的に多いのですが理由はあるのでしょうか。

女性は50代から、男性は60代から膝の痛みの割合が増えてくるので女性の方が比較的に発病が早いと言われています。

男女の身体的な特徴の違いが痛みの原因

大きな原因の一つは男女の身体的な骨格や筋肉の違いです。

膝の痛みは関節の老化とともに脚の筋肉の低下により周辺組織が持ちこたえられなくなり痛んできますが、女性のほうが男性よりも骨格や筋肉が少ないという理由があります。

中年女性で小太り体型の方は膝の痛みを発しやすい要素となります。運動不足と体重の増加は関係しており、なおかつ運動をしていなければ体重が膝に負担をかけるからです。

まだ明確に因果関係が解明されていない点として女性ホルモンのバランスを上げることもできます。ちょうど50歳前後で女性の更年期が始まる時期ですが、この時期と発症が関係しているのではないかとも言われています。

女性ならではのライフスタイルも原因の一つです。ヒールの高い靴を履いていると常に膝に負担がかかります。さらにスカートだと膝を冷やしやすい環境にありますし、正座や横座り、しゃがむ姿勢も膝の痛みの原因と考えられています。

筋肉量と体重の増加は大きな要因

女性の身体的な特徴やライフスタイルの点において「かもしれない」的な要素はありますが、現在の標準医療で痛みを軽減する方法として「運動療法と体重管理」が推奨されています。

[関連記事] 減量をする上で食事の習慣に気をつける

この点から明らかなように筋肉量の低下と体重の増加は膝に大きな負担をかける原因となります。もし女性の方で小太り体型でなおかつ運動をほとんどしていない方は膝の痛みが進行する可能性が大きいので注意が必要です。