ひざ関節症は両足共に進行するのか?

◆症状の出方は異なることが多いようです

ひざ関節症には二種類あり、若い頃に事故やスポーツ時のケガなどで靭帯や半月板を痛めたことが原因で発症するのを二次性のひざ関節症と言います。

この場合は痛めた側の膝が早く老化してゆくので片側だけに顕著な症状が現れます。この点の因果関係は非常に明らかです。

しかし多くの場合は一次性のひざ関節症でこれと言ったケガの経歴がなくても発症するケースです。レントゲン撮影をすると左右とも状態が同じようですが、大抵の場合は片足だけの痛みを訴えるケースが多いようです。

つまり変形性ひざ関節症は両方同時と言うよりかは片方が痛むことが多いようです。だからと言ってもう一方の側に症状が現れないとも言えません。

痛みは片足でも運動療法は両足行なう必要性

ひざの機能回復を図る上で運動療法は欠かせませんが、痛む方の足だけでなく両足同時にトレーニングを行う必要があります。

左右の筋肉量のバランスを保てますし、もう片方の足も関節症を発症するのを防ぐことができます。症状の程度にもよりますが、痛くない方の足を目標に運動療法に取り組むことができるでしょう。

両方の足をトレーニングするのは面倒に感じるかもしれません。しかし既に片方の足に症状が出ているので、いつ発症するか分かりません。

予防と膝の機能維持のためにも筋力トレーニングやウォーキングといった運動療法は生活の日課としてぜひとも組み入れたいものです。