生理中の歯痛を説明する医師

「生理になるといつも歯が痛くなる」と感じることはありますか?でも「生理が終わると歯痛もなくなる」この症状・・ただでさえ生理の時期はつらいのに、歯痛にも悩まされると大変ですよね。

生理前に歯茎が腫れて痛いと感じる方はPMSが関係していると以前の記事で書きました。では生理中に歯が痛くなるのは一体なぜでしょうか?

原因の一つは、やはり女性特有の状況が生じさせるようです。

生理痛の原因と共通する点として

生理が重い方は生理痛もひどい場合が少なくありません。

生理時の出血を促す物質としてプロスタグランジンがあります。これが生理痛の原因となり、下腹部のつらい痛みを引き起こすのです。

[参考資料] エスエス製薬:生理痛の原因

同時にプロスタグランジンは歯痛の原因となる物質と考えられており、生理痛がひどい方はプロスタグランジンの分泌量が多いため、歯痛を感じることがあります。

しかし、生理痛がひどい方全てが歯痛に悩まされるわけではありませんよね。

根本的な問題点としては・・

元々あった虫歯がうずいているのが本当の原因

普段は痛まない程度の虫歯であっても、生理中になると歯痛を感じることは十分にあり得ます。(プロスタグランジンの分泌量が多いと歯痛を引き起こすため)なおかつ生理中は体力や免疫が下がるのも関係しています。

もし生理時以外の時に歯が痛くなくても、生理になると必ず歯痛に悩まされている方は、小さな虫歯がすでに出来ている証拠かもしれません。一度、歯医者に行って検査をしてもらうことをおすすめします。

生理前に歯茎が腫れる理由とは?の記事でも書きましたが、歯茎や歯痛の出方は人によって異なるので、自分の体調の特徴を知る上でも、生理前後のセルフケアは大切です。向こう一年間くらい、生理のときだけでよいので、普段と体調が異なる部分を書き出しておくと、傾向を知ることができます。

やはり生理の時期は、身体の弱い部分がてきめんに出てしまいます。

もし歯医者に行って調べてもらっても「異常なし」という診断がでたものの歯が痛いというケースもあります。特に被せた部分の中が痛い場合です。(銀歯や詰め物の下が痛い)

全てではありませんが、可能性の一つとして詰め物の下に小さな虫歯ができて痛む場合があります。[参考情報] 二次カリエスとは?以前に虫歯を治した(正確には削って詰め物をした)部分も痛む場合があるので「以前治癒したので関係ない」と自己判断せず、遠慮なく歯科医にお尋ねください。

生理中に歯が痛くなった時の対処法

生理中に歯が痛くなる方は、生理痛にも悩まされているかと思います。

一般的に広く知られている簡単な対処法は鎮痛剤の服用です。(ロキソニンとか)鎮痛剤には痛みの原因を引き起こすプロスタグランジンを抑制するはたらきがあるので、生理痛と同様に歯痛にも効果があります。

痛みを和らげる定番のツボ「合谷」は人差し指と親指の骨の付け根から少し戻った部分にあります。健康な方でも押すと痛く感じるので見つけやすい場所のツボです。

一番確実なのは歯科医に行って治療してもらうことです。先に挙げたように初期の虫歯である可能性が高いので、生理が終わって痛みが収まっても、虫歯が進行してしまえば普段の生活でも歯痛に悩まされることになります。症状が進行しないうちに完治しておきましょう。

「歯が痛い」と感じていても、実は痛みの原因が歯茎のケースもあります。歯肉炎と虫歯は異なるので、歯周病の治療を行うことが痛みを取り除くことになります。

別のケースとしては、生理後も痛みが収まらない場合です。たまたま生理の時期に虫歯が発症しただけかもしれません。しかし原因はやはり虫歯なので、歯科医に行って受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク