健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

30過ぎたら必ず受けたい婦人科系の検査一覧

日本も近年の生活スタイルの変化で食生活も欧米化していると言われています。それに伴い婦人科系の疾患、特に乳がんの罹患率が上がっているのはよく知られていますね。

実は乳がんにかかる方の中には30代の若い世代の方もおりますし、子宮頸がんについては20代の方でもかかることがあります。

近年の医学の発達により早期発見できれば完治できるものも少なくありません。それで重要なのは早期発見するために婦人科系の検査を積極的に受けることです。

もちろん健康に関して完全はありませんが、できるだけリスクを減らす上で気をつけておかなければならないタイプの方がいることも事実です。

ではどんなタイプの方に注意が必要なのでしょうか?
 

注意が必要なタイプの方たちとは?

がんのメカニズムについては完全に解明できていませんが遺伝は統計的にも大きな要素であることが明らかになっています。両親やその親族ががんにかかったことのある「がん家系」の方は注意が必要です。

特に乳がんなどの婦人科系のがんにおいては、母親や姉妹ががんになっているのであればかかる確率は高まります。

地方自治体の乳がん検診は大抵40歳から始めるところが多いのが現状です。しかし乳がんの罹患率は30代から上昇傾向にあるので自治体のがん検診を待たずして検査を受ける必要があります。

なおかつがんのリスクのある方は乳がんだけでなく他の婦人科系の検査を一年に一度受けておけば安心です。(頻度については婦人科の担当医と相談してください)

受けておきたい婦人科系の検査一覧

乳がん:マンモグラフィーが一般的です。視触診も行いますが、これだけだとがん細胞がある程度の大きさにならないと判別できないのでやはりマンモグラフィーの方が早期発見が可能です。

子宮頸がん・子宮体がん:子宮頸部と体部の細胞を取って調べます。結果が判別するまでは約2週間程度かかります。

卵巣がん:一般的に行われているのが経腟超音波検査です。経膣プローブを子宮頸部まで挿入して子宮の左右にある卵巣の状態を超音波によって確認します。
 

 - その他雑記

  関連記事

初めて市の特定健診を受けてみた。

今回は健康まめまめ知識ではありません。 初めて市の特定健診の案内が来たので、受け …

えっ血便?と思ったらドラゴンフルーツが原因だった

朝の時間、いつもの習慣通りトイレに行ってお通じを済ませたところ、便が真っ赤になっ …

体の不調を単に老化現象と思うべきではない理由

中高年になってくると身体のあちこちが段々と不調をきたすようになってきます。人によ …

肩こらない県ランキング1位は◯◯県だった!

パナソニックが「肩コリに関する意識・実態調査」を実施したそうです。 調査対象とな …

前歯ブリッジ作成-治療の体験談を紹介

歯の中でも前歯は特に欠損しやすい部分の一つです。バイクや乗り物を運転している際の …

健康ブログを始めることにした理由

健康に関してはそこそこ自信があったものの体調を崩すことがあったり、徐々に歳も取っ …

尿膜管遺残(膿瘍)手術の入院記録

今回は「とある方」の入院記を掲載します。 主観も多く含まれているので参考になるか …

嘘のように痛みがとれた!おすすめ巻き爪矯正方法

巻き爪に悩まされて始めのうちはコットンパッキングで対処していたのですが、知らない …

【注意!】食品添加物が腎臓に及ぼす影響とは?

私の友人たちで頻繁にファストフードなど外食をする友人たちの腰(恐らく腎臓あたり? …

本当に痛そう!巻き爪の恐ろしさを語ってもらいます

巻き爪になったことのある人なら分かる巻き爪の辛さや痛さ、重症になると歩くことすら …