健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

ウォーキングだけでは不十分!?インターバル速歩はおすすめ

健康促進のためにウォーキングをしている方は少なくありません。当サイトでも健康法の一つとしてウォーキングをすすめています。

[関連記事] 効果が上がるウォーキングの時間とは?

しかしウォーキングを定期的にしていても体力が上がったと感じない方たちもいるようです。一体なぜなのでしょうか?どのようにしてウォーキングの質を改善できるでしょうか?

コツはウォーキングの方法にあります。
 

インターバル速歩がおすすめの理由

インターバル速歩というのはインターバルトレーニングを速歩に応用したもので身体にかかる負荷を低負荷-高負荷の二種類を繰り返して行う方法です。

例えばウォーキングを毎回1時間しているとしましょう。3分ごとに早歩きと普通の速度の歩きを交互に行っていきます。ではなぜ早歩きを取り入れるのでしょうか?

早歩きをすると身体は「ちょっとキツイ」と感じてきます。実はこの時に体内にとあるスイッチが入ります。身体はATPが欠乏していることを認識してミトコンドリアという物質を作り出すのです。

ミトコンドリアが多いと持久力がアップして疲れづらくなるので本当の意味でウォーキングが効果を発揮するのです。繰り返しになりますが自分にとって『少しキツイ』を感じることが大切です。

必ずしも速歩の時間が3分間でなくても構いません。しかし最低でも1分の時間はとったほうが良いでしょう。ではウォーキングの時間以外にもどうやってインターバル速歩を上手に取り入れることができるでしょうか。

生活の中で速歩を実践する方法

簡単に行いやすいのは通勤や買い物の時間です。10分だけ歩く距離でも日常の中でインターバル速歩を取り入れるならば少しずつ効果を実感することができます。

ただ1ヶ月するだけでは効果を実感しづらいので最低でも半年くらいは続けてみましょう。身体にスタミナがつくと「やる気」も出るので生活の中で色々なことに積極的に取り組めるようになるのもメリットです。

特に中高年の方たちで「最近疲れやすい」と感じている方におすすめのトレーニング法です。もちろん若い世代の方にもおすすめです。軽い運動でも「ちょっとキツイ」と感じるのがインターバル速歩のコツなのです。
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

ビワの葉とこんにゃく温湿布で毒出しをする方法

以前うちの家族が友人から聞いた民間療法としてビワの葉をこんにゃく湿布を載せて患部 …

膿栓(臭い玉)は病院の何科で除去できるの?

くしゃみや喉の奥に力を入れた時に出てくることがあるのが膿栓(臭い玉)ですが、口臭 …

風邪を引くとトイレが近くなる理由

少し前に風邪を引いてしまいました。しばらく仕事が立て込んでいて終わった瞬間に緊張 …

ウイルスと細菌の違いについて

前回の記事で「風邪はウイルスが原因で抗生物質が効くのは細菌」という内容を記事を書 …

数字で見る!日本人がスギ花粉症になりやすい理由とは?

日本全国で約4人に1人はスギ花粉症にかかっていると言われています。 なおかつ花粉 …

効果が上がるウォーキングの時間とは?

健康促進のためにウォーキングを行っている方は少なくないと思います。ウォーキング自 …

子どもの肥満-原因と対策について

子どもたちを見ていると以前よりも太っている子たちが多いと感じることはないでしょう …

お年寄りの熱中症を予防する方法

夏場(6月から9月くらい)の時期になると心配になるのが熱中症です。熱中症は命にも …

食中毒にならないお弁当作りのポイント

職場や子どもの学校にお弁当を作って持って行く人は少なくありませんが、夏の時期は何 …

子どものアタマジラミ予防/対処法

ここ近年子どもたちのアタマジラミの感染が増えつつあるようです。 しかし多くの方に …