健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

効果が上がるウォーキングの時間とは?

健康促進のためにウォーキングを行っている方は少なくないと思います。ウォーキング自体は手軽にできる運動ですが免疫力を上げたり記憶力をアップする効果があります。

では、どのくらいの時間をウォーキングに費やせば効果が上がるのでしょうか。忙しい毎日の中でも上手に時間を取り分ける上でのコツを解説しています。
 

最低30分は歩く習慣を付ける

ウォーキングは20分ほど歩いたところから脂肪が燃焼されてくると言われています。それで1回歩く時に最低でも30分は歩く習慣を身につけたいものです。

しかし人が一般的に歩く早さは4kmなので、若干早歩きしたとしても30分の歩行だと2キロの距離、自宅が出発点だと往復するので片道1キロ強しかあるかないことになります。

かなり短く感じるかもしれませんが最初はこれで十分です。ウォーキングが習慣付いてきたならば片道30分、合計1時間歩くくらいが脂肪も程よく燃焼されつつ疲れない適度な距離です。

毎回一時間で週に3回くらい歩くとダイエットにもなります。

◆歩きやすく楽しめるコースを選ぼう

健康のためにウォーキングをするとはいえ楽しめないとなかなか続かないものです。それで「歩くこと=楽しめる」ことを体に教えてゆく必要があります。

そのためには楽しみながら歩けるコースを選ぶ必要があります。繁華街などは夜の時間も明るくて一見面白そうですが歩くのには適していません。

ベストは公園や歩道緑地などのエリアです。緑を見ながら歩くことができれば気分もリラックスできます。ただ人気のない所や時間帯は別の危険も潜んでいますので1人で歩くのは控えましょう。

◆おすすめの時間帯

“もしできるならば”おすすめする時間帯は朝です。朝の時間にウォーキングをすることができるならば心身ともにリフレッシュすることができて一日を活動的に過ごすことができます。

しかし私を含めて「朝は眠いし忙しい」と言う大多数の方は夕方か晩の時間になるでしょう。例えば仕事が終わって帰宅をする時に一つ前の駅で降りて早歩きするだけでも立派なウォーキングです。

晩のゆっくりした時間帯でも構いません。ポイントは「いかに習慣付けるか」なので無理がない時間帯を選べば長続きさせることができます。

ウォーキングは健康のためにできる運動の中でも一番手軽にできる部類に入るので、ぜひ始めてみることをおすすめします。
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

夏になるとお腹をこわして下痢になる理由

以前から気になっていたこととして、夏になるとお腹をこわしやすく下痢になることが多 …

茶髪ですか!?子どもの毛染めが及ぼす影響とは?

遠い昔に学生生活を終えた私にとって今の小学生たちの中に茶髪とかしている子がいるの …

ビワの葉とこんにゃく温湿布で毒出しをする方法

以前うちの家族が友人から聞いた民間療法としてビワの葉をこんにゃく湿布を載せて患部 …

睡眠を快適なものにするための7つのコツ

人の一生の約3分の1は睡眠時間であることからして睡眠が快適かどうかで生活の質が大 …

風邪を引くとトイレが近くなる理由

少し前に風邪を引いてしまいました。しばらく仕事が立て込んでいて終わった瞬間に緊張 …

梅雨の時期に注意すべきカビの種類とは?

梅雨の時期に気を付けなければならないのが食中毒やカビの問題です。 カビにはお風呂 …

子どもの肥満-原因と対策について

子どもたちを見ていると以前よりも太っている子たちが多いと感じることはないでしょう …

お味噌汁が健康に良いと言われる理由

一般的に洋食よりも和食の習慣を持っている人のほうが成人病や様々な病気にかかりにく …

一日に水をどの程度飲んだら良いのか?

人が生きていくために欠かせないのが水の存在。 普段の生活ではそんな事はあまり意識 …

自治体の健康診断だけで十分なの?

一定の年齢が来ると、自治体から健康診断の通知が来ますよね。 会社勤めの方であれば …