健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

簡単!外出時に熱中症を予防する方法

夏の時期には外出時にも熱中症にかからないように気をつける必要があります。特にお年寄りの方は出かけた時にも熱中症にかかる可能があります。

いくつかポイントだけ押さえておけば熱中症にかかるリスクを減らして安心して外に出ることもできます。簡単にできる方法を紹介したいと思います。
 

上手に熱中症を避ける方法

ポイントは直射日光に当たらないようにすることです。外出時にはできるだけ帽子をかぶることや日傘をさすことが大切です。これだけでは身体にかかる負担を減らすことができます。

それに加えて「できるだけ日陰を探す」のも熱中症にならない方法の一つです。

そのためには、外出時には前もってどんな道を通って目的地へ行くか程度考えておくこともできます。時間帯によっても日が当たる場所と日陰になる所は異なります。

特に駅などで待ち合わせする時には外で待つことはせず、駅ビルなどの施設の中で会うようにするとエアコンの効いた場所で時間を過ごすことができます。

◆時間帯も考える

出かける時間帯も一工夫しましょう。一般的に一番暑い時間帯は昼間の1時から4時までです。時間の制約がなければ朝の早めに出かけて午前中のうちに用事を済ませることもできます。

水分補給を忘れずに!

年配者の中には外出時にトイレに行きたくなるのが嫌で水分補給をしたがらない方たちがいます。私の家族もご多分にもれずこのタイプです。

しかし夏場は水をこまめに補給するのが大切で、喉が渇いた時点では既に脱水症状が始まっていることがあります。ではトイレの問題をどのように解決することができるでしょうか。

前もって自分が出かけるルートにトイレがないか確認することができます。電車を使うのであれば大きめの駅や商業施設には必ずトイレが設置されています。

また喫茶店やファストフード店にもトイレがあるので気軽に立ち寄れます。それでも心配ならば公園やコンビニもチェックしておきます。

都市部で歩きで出かけるのであれば大抵の場所にトイレがあるので、どのくらいの時間おきにトイレに行きたくなるのか事前にシュミレーションしておけば安心です。

夏場はさほど汗をかいていないと感じていても実際には水分は身体から失われているので定期的に水分補給をするようにしましょう。
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

本気で禁煙すべき理由を3つ挙げてみた

喫煙は「百害あって一利なし」と言われていますが人によってはなかなか禁煙できないの …

知っておこう!夜勤と乳がんとの関係性について

人は元々朝起きて夜になると眠くなる仕組みになっています。 このような生活を幾千年 …

風邪を引いた時に病院で抗生物質を処方する理由

風邪を引いて病院に行くと決まったように抗生物質を出されることが少なくありません。 …

病気!?おしっこ(尿)の泡が消えない理由とは?

健康な方でも一日に最低でも5回くらいはトイレに行きますよね。 その時に尿の色や様 …

膿栓(臭い玉)は病院の何科で除去できるの?

くしゃみや喉の奥に力を入れた時に出てくることがあるのが膿栓(臭い玉)ですが、口臭 …

食中毒にならないお弁当作りのポイント

職場や子どもの学校にお弁当を作って持って行く人は少なくありませんが、夏の時期は何 …

冷房病(クーラー病)で下痢になる原因と治し方

暑くなると冷房なしでは生活できないのが日本の夏の特徴です。 しかし大抵は自宅や電 …

寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)の原因と対処法

学生時代、一つの悩みがありました。 それは冬の時期に登校して教室に入り、一時間目 …

気象病?台風が近づくと頭痛がする理由と解消法

天気予報を見ると台風が徐々に近づいており私の住んでいる地域にも影響がありそうです …

豚の生レバーを食べても安全か?

2014年中にE型肝炎にかかった人が150人ほどおり、原因の中で一番多かったのが …