健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)の原因と対処法

学生時代、一つの悩みがありました。

それは冬の時期に登校して教室に入り、一時間目が始まるくらいから鼻水が止まらなくなるという現象です。風邪を引いているわけでもなく、なおかつ花粉症の時期でもないのに原因が全く分かりませんでした。(時間の経過とともに収まってくる)

教室内の人前で鼻をかむのは恥ずかしかったのですが(若かった)鼻水が出てくるので仕方がありません。それで学校に行く時にはからなずポケットティッシュを持参していました。

しかし最近、ふとした時に長い間の謎が解けました。まさに私にピッタリの症状です。やっと原因が判明した嬉しさと遠い昔を思い返すつもりで記事を書きました。
 

寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)とは?

寒暖差アレルギーとは読んで字のごとく寒暖差が大きくなることで副交感神経が過度に活発になることで鼻水が出たり鼻が詰まったりと鼻炎のような症状が出ることを指します。

” 寒暖差アレルギーと血管運動性鼻炎は同義ですが、ここでは便宜のため『寒暖差アレルギー』の表現で統一したいと思います。”

個人差はありますが寒暖差が約7度以上になると人の身体は十分に対応できなくなると言われています。例えば私の学生時代のケースを考えてみましょう。

  • 学生時代は東京在住
  • 朝通学(真冬の時期、外気は大体3度前後)
  • 教室に入り、ストーブをガンガン焚く
  • 室温20度以上になる

なるほど・・まさに寒暖差アレルギーですね。

寒暖差アレルギーと花粉症の違いはアレルゲン(原因物質)がないことや、目の炎症や軽い発熱などの花粉症特有の症状が出ていないことで大体判別できます。(もちろん花粉症と共に出ることもあります)

寒暖差『アレルギー』と言っても別に原因となる物質があるわけではないので、医学的には血管運動性鼻炎の方が正確な呼び方なのかもしれません。

私の場合は元々鼻炎持ちだったので「冬になると鼻水が出る」くらいにしか考えてなく、原因は究明できませんでした。(ちなみにラーメンを食べると鼻水が出るのも一種の寒暖差アレルギーなのかもしれませんね・・)

ではどのようにして対処できるでしょうか。

環境の変化を少なくすることと対処療法

簡単にできる点としては寒暖差を少なくすることです。冬の時期はどうしても寒い外気にさらされるので、冬の装備をして寒さ対策をします。それだけでなく鼻周辺も冷えないようにマスクをしておくと安心です。

急激に暖かい部屋に入った時には室温に適した衣服の状態に調節します。アウターは保温性のあるものを、インナーは出かける先の室内の温度に合わせたものにすると上手に調節することができます。

もう一つは鼻炎の症状に関する対処法です。

市販されている抗ヒスタミン剤でも効果がありますが眠くなるので学校や仕事の際に服用するかどうかは症状との兼ね合いで決める必要があります。室温に慣れると自然と鼻水が止まるのであればさほど気にする必要もないかもしれません。

鼻炎の角度から考えるならば、アルコール類を摂取すると血行が良くなり鼻炎にかかりやすくなるのでお酒は控えた方が良いかもしれませんね。
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

知っておこう!夜勤と乳がんとの関係性について

人は元々朝起きて夜になると眠くなる仕組みになっています。 このような生活を幾千年 …

ビワの葉とこんにゃく温湿布で毒出しをする方法

以前うちの家族が友人から聞いた民間療法としてビワの葉をこんにゃく湿布を載せて患部 …

中性脂肪を下げるために押さえておきたい3つの点

初めて受けた市の特定健診で中性脂肪値が引っかかってしまいました。 値は204(基 …

コーヒーを飲むとトイレに頻繁に行きたくなる理由とは?

私はコーヒーが大好きです。 朝、起きた時や、仕事を始める景気づけに一杯、あるいは …

症状に応じた心療内科と精神科の見分け方とは?

なんか最近身体がずっとだるい、やる気がしない、気持ちが塞ぐなど誰でも感じることが …

風邪を引いた時に病院で抗生物質を処方する理由

風邪を引いて病院に行くと決まったように抗生物質を出されることが少なくありません。 …

注意!休日の寝坊は仕事効率を下げることになる!?

文部科学省が実施した睡眠と生活習慣の関係についての調査から興味深い点を知ることが …

えっ風邪!?実は秋の花粉症かも

9月になると少しずつ涼しくなりますが「少し体調が悪い」と感じることがあるでしょう …

40代女性は必見!びまん性脱毛症の原因と対処法

女性の方で40代に入ってから髪の毛のハリ・コシがなくなってきたと感じている方は少 …

お年寄りの熱中症を予防する方法

夏場(6月から9月くらい)の時期になると心配になるのが熱中症です。熱中症は命にも …