健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

日光に当たると健康が促進する理由

普段あまり気にすることのない日光ですが意外なことに健康を促進させる様々な作用があることが知られています。

自然界から出るお日さまの光はタダなのでぜひ生活の中で活用したいものです。簡単にまとめてみましたので参考にされてください。
 

日光の効能について

日光には紫外線が含まれていますが多量に浴びなければ健康な方はプラスになります。なぜなら紫外線の刺激により体内でビタミンDが生成されるからです。

ビタミンDは骨を丈夫にする作用があるので適度な日光浴は骨粗しょう症の予防にもなります。つまり食物から摂るビタミンDを補う形になるのが日光の力です。

ビタミンDは人が基本的な健康を保つのに必要不可欠な要素で、うつ病の予防、癌や歯周病、自己免疫疾患にかかるのを防ぐことができることで知られています。

特にうつ病の方に関しては日光を浴びることによってセロトニンの分泌が増えるのでプラスに働きます。実際私の知人にもうつ病を患っている方がいますが、医師の指導で定期的に外に出て散歩をしている方もいます。

余談ですが、日光には殺菌作用があります。それでお布団や毛布やクッションなど、日常で身体に触れるものは定期的に干すならば健康を維持する助けにもなります。

◆どのようにして日光に当たるか?

日光に当たる頻度は週に3回程度、一回あたり15分程度なので簡単にできます。長時間日光に当たることは紫外線にさらされるので適度の時間が大切です。

気軽にできる方法の一つに散歩があります。天気の良い日に近くの公園まで散歩するだけでも日光浴になります。オフィスワークをしている方であれば昼休みの時間に日光浴というのも可能かもしれませんね。

現代型の生活では日中外に出て太陽の光を浴びることは少なくなっているかもしれません。ぜひ定期的に日光を浴びることによって心身ともに健康を促進しましょう!
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

ガーデニングが心身の健康に役立つ理由とは?

ガーデニングは心身の健康を保たせるのに役立つのをご存知でしょうか。 体系的に行わ …

海外生活者におすすめ!自宅で納豆を作って腸内環境を整えよう

海外で生活していると、どうしても日本食が恋しくなってしまうものです。特に納豆や味 …

膿栓(臭い玉)は病院の何科で除去できるの?

くしゃみや喉の奥に力を入れた時に出てくることがあるのが膿栓(臭い玉)ですが、口臭 …

食中毒にならないお弁当作りのポイント

職場や子どもの学校にお弁当を作って持って行く人は少なくありませんが、夏の時期は何 …

注意!休日の寝坊は仕事効率を下げることになる!?

文部科学省が実施した睡眠と生活習慣の関係についての調査から興味深い点を知ることが …

えっ風邪!?実は秋の花粉症かも

9月になると少しずつ涼しくなりますが「少し体調が悪い」と感じることがあるでしょう …

簡単!外出時に熱中症を予防する方法

夏の時期には外出時にも熱中症にかからないように気をつける必要があります。特にお年 …

豚の生レバーを食べても安全か?

2014年中にE型肝炎にかかった人が150人ほどおり、原因の中で一番多かったのが …

子どものアタマジラミ予防/対処法

ここ近年子どもたちのアタマジラミの感染が増えつつあるようです。 しかし多くの方に …

自治体の健康診断だけで十分なの?

一定の年齢が来ると、自治体から健康診断の通知が来ますよね。 会社勤めの方であれば …