健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

日光に当たると健康が促進する理由

普段あまり気にすることのない日光ですが意外なことに健康を促進させる様々な作用があることが知られています。

自然界から出るお日さまの光はタダなのでぜひ生活の中で活用したいものです。簡単にまとめてみましたので参考にされてください。
 

日光の効能について

日光には紫外線が含まれていますが多量に浴びなければ健康な方はプラスになります。なぜなら紫外線の刺激により体内でビタミンDが生成されるからです。

ビタミンDは骨を丈夫にする作用があるので適度な日光浴は骨粗しょう症の予防にもなります。つまり食物から摂るビタミンDを補う形になるのが日光の力です。

ビタミンDは人が基本的な健康を保つのに必要不可欠な要素で、うつ病の予防、癌や歯周病、自己免疫疾患にかかるのを防ぐことができることで知られています。

特にうつ病の方に関しては日光を浴びることによってセロトニンの分泌が増えるのでプラスに働きます。実際私の知人にもうつ病を患っている方がいますが、医師の指導で定期的に外に出て散歩をしている方もいます。

余談ですが、日光には殺菌作用があります。それでお布団や毛布やクッションなど、日常で身体に触れるものは定期的に干すならば健康を維持する助けにもなります。

◆どのようにして日光に当たるか?

日光に当たる頻度は週に3回程度、一回あたり15分程度なので簡単にできます。長時間日光に当たることは紫外線にさらされるので適度の時間が大切です。

気軽にできる方法の一つに散歩があります。天気の良い日に近くの公園まで散歩するだけでも日光浴になります。オフィスワークをしている方であれば昼休みの時間に日光浴というのも可能かもしれませんね。

現代型の生活では日中外に出て太陽の光を浴びることは少なくなっているかもしれません。ぜひ定期的に日光を浴びることによって心身ともに健康を促進しましょう!
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

風邪を引くとトイレが近くなる理由

少し前に風邪を引いてしまいました。しばらく仕事が立て込んでいて終わった瞬間に緊張 …

一日に水をどの程度飲んだら良いのか?

人が生きていくために欠かせないのが水の存在。 普段の生活ではそんな事はあまり意識 …

茶髪ですか!?子どもの毛染めが及ぼす影響とは?

遠い昔に学生生活を終えた私にとって今の小学生たちの中に茶髪とかしている子がいるの …

気象病?台風が近づくと頭痛がする理由と解消法

天気予報を見ると台風が徐々に近づいており私の住んでいる地域にも影響がありそうです …

お味噌汁が健康に良いと言われる理由

一般的に洋食よりも和食の習慣を持っている人のほうが成人病や様々な病気にかかりにく …

ウイルスと細菌の違いについて

前回の記事で「風邪はウイルスが原因で抗生物質が効くのは細菌」という内容を記事を書 …

累積疲労から体を守るために大切なこと

季節的に1年のうち最も疲れを感じやすい時期が8月であることは近年の猛暑を見ると明 …

子どもの肥満-原因と対策について

子どもたちを見ていると以前よりも太っている子たちが多いと感じることはないでしょう …

健康マニアのマダムに「これは食べちゃダメ!」と言われた食べ物3種類

以前に健康マニアのマダムに「この3つは食べちゃダメよ!」と言われた食品があります …

セプテンバーリスクとは?対処法について

セプテンバーリスクと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。 私は今までありません …