健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

気をつけて!大人あせもの原因と対処法

これから夏の時期にかけて気になるのが汗対策です。日本の夏はジメッとした時が続くのでオフィスにいても外を歩いていても汗をかくことが多くなります。

そんな時に気を付けたいのが「大人あせも」です。あせもは子どもだけの症状だと考えがちですが、大人でも実際に出てくることがあります。

ひどくなると厄介なので事前にきちんと対策を施す必要があります。
 

あせもの原因とは?

あせもの原因は汗をかく時に出てくる場所「エクリン汗管」が詰まってしまうからです。さらに食べ物には金属が微量に含まれていますが、摂取し過ぎによりバランスを崩すと詰まった汗腺がかぶれてしまいます。

あせもが出やすい部位としては、脇や肘、膝の裏側など密着しやすい場所があります。さらに衣服を着た時に身体が締め付けられる部位もあせもが出やすいので注意が必要です。

次にあせもの予防法を紹介します。

◆汗を上手に処理する

あせもの原因はかいた汗をそのままにすることなので、夏の暑い時期は長時間外出したら帰宅後早めにシャワーを浴びて汗を洗い流すことが大切です。

この時に身体をゴシゴシと洗う必要はなく、固形石鹸を使って軽く洗い流すだけでも構いません。ナイロンタオルで強くこすると必要以上に皮脂を落としてしまうので肌にとってはダメージになります。

すすぎも軽くでOKです。

外出時にはハンカチでまめに汗を拭き取る必要があります。この際に乾いたハンカチだと汗は落ち切らないので、軽く濡らしたもので拭き取ることもできます。

しかしハンカチを濡らすのが実際的でなければ、水以外の成分が入っていないウエットティッシュでも代用可能です。(あるいは肌用の)

◆速乾素材のインナーを活用する

最近は汗がすぐに乾く素材のインナーを数多く販売されています。特に汗のかきやすい部分がインナーを着用している箇所であれば速乾素材のものを活用しましょう。

これだけでも汗をかいた時に肌が密着してジメジメした状態になるのを防ぐことができます。もちろん汗をかいたならば細めに着替える必要もあります。

まとめ:高温多湿の場所は避ける

ここまで書いておいてアレですが、外出時にしてもオフィス内にしても高温多湿の場所はできるだけ避ける必要があります。

夏なので汗が出るのは自然なことですし必要ですが、あまりにも暑いと水分補給のバランスを崩しやすく熱中症になったりして別の問題が生じます。

暑さがピークに達する午後の時間は外出を控えたり、エアコンの温度設定をこまめに調整して適度な環境を保つようにしましょう。
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

白湯(さゆ)が冷え性改善や身体に良い理由とは?

私には中国人の友人たちがいます。 彼らは事あるごとに水をよく飲むようにすすめてき …

えっ風邪!?実は秋の花粉症かも

9月になると少しずつ涼しくなりますが「少し体調が悪い」と感じることがあるでしょう …

ウォーキングだけでは不十分!?インターバル速歩はおすすめ

健康促進のためにウォーキングをしている方は少なくありません。当サイトでも健康法の …

夜食のお供に!アーモンドの効果は抜群

夜のふとした時に突然何か食べなくなることはないでしょうか。そんな時にスナック菓子 …

豚の生レバーを食べても安全か?

2014年中にE型肝炎にかかった人が150人ほどおり、原因の中で一番多かったのが …

累積疲労から体を守るために大切なこと

季節的に1年のうち最も疲れを感じやすい時期が8月であることは近年の猛暑を見ると明 …

お年寄りの熱中症を予防する方法

夏場(6月から9月くらい)の時期になると心配になるのが熱中症です。熱中症は命にも …

セプテンバーリスクとは?対処法について

セプテンバーリスクと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。 私は今までありません …

風邪が治ると便秘も治るのはなぜ?

先日風邪を引いた時のことですが、食事をしてもなんだかトイレに行きたいような行きた …

子どものアタマジラミ予防/対処法

ここ近年子どもたちのアタマジラミの感染が増えつつあるようです。 しかし多くの方に …