健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

セプテンバーリスクとは?対処法について

セプテンバーリスクと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。

私は今までありませんでしたw

これは以前テレビ番組で紹介された一つの「造語」のようで、ちょうどな8月末に夏が終わって9月に入る時に様々な身体の不調を訴える総称のことを指します。

ちょっと体調を崩すことから命に関わることまで幅広い症状が見られるので気を付けたいものです。その原因と解消法について考えてみましょう。
 

季節の変わり目-温度変化が原因

近年は8月の真夏の時期は猛暑になることが多くなりました。対照的に9月になると台風の到来と共に急激に涼しくなることも少なくありません。

この急激な温度変化がセプテンバーリスクの正体なのです。

健康な人であっても急激な温度変化にさらされると風邪を引きやすくなります。なぜならば身体が涼しさについて行かないので自律神経が不安定になり免疫が下がるからです。

他にも朝の時間帯に突然涼しくなった時、急に起きて活動を始めようとすると年配の方は血管にまつわる疾患(脳や心臓)を引き起こすリスクが上がるので気をつけましょう。

これは冬の朝と同じ理論で、急に寒くなると(特に朝の時間帯)体内の血管は収縮して血圧が上がるので心臓や脳にかかる負担が大きくなるからです。

他には急激に涼しくなることで今までしていた水分補給が十分でなくなることにより体調不良を引き起こすことです。

どのようにしてセプテンバーリスクを下げることができるでしょうか。

早めに秋の対策をするのがコツ

原因は季節の変わり目による急激な温度変化なのでなるべく季節に合わせた服装をするよう心がけましょう。就寝時も夏用のパジャマにタオルケットだけだと朝方冷え込みますよね。

天気予報をこまめに見て掛け布団を調整したり秋物の寝間着に取り替えるなどして朝方の冷え込みを予防することができます。

起床時も直ぐに起き上がるのではなく、布団の中で軽く手足を動かすことによって血行を促進することができます。朝方少し冷えたのであれば白湯を飲むと身体の中から温まりますし、深呼吸は自律神経のバランスを保たせるのに効果があります。

それでも朝の起床時に気分がすぐれないことが続くのであれば何らかの疾患の可能性もあり得るので、一度病院で診てもらうこともできるでしょう。
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

お年寄りの熱中症を予防する方法

夏場(6月から9月くらい)の時期になると心配になるのが熱中症です。熱中症は命にも …

寝酒は本当に効果があるのか?

夜なかなか寝付けないという方は自分なりの方法を持っていると思います。 もしかする …

注意!休日の寝坊は仕事効率を下げることになる!?

文部科学省が実施した睡眠と生活習慣の関係についての調査から興味深い点を知ることが …

ガーデニングが心身の健康に役立つ理由とは?

ガーデニングは心身の健康を保たせるのに役立つのをご存知でしょうか。 体系的に行わ …

コーヒーを飲むと身体がだるくなる理由

以前から気になっていたことがあります。 それはコーヒーを飲むと身体がだるくなるこ …

簡単!外出時に熱中症を予防する方法

夏の時期には外出時にも熱中症にかからないように気をつける必要があります。特にお年 …

数字で見る!日本人がスギ花粉症になりやすい理由とは?

日本全国で約4人に1人はスギ花粉症にかかっていると言われています。 なおかつ花粉 …

アレルギー検査を受けると良い3タイプの人

「原因は分からないけれど体調が悪い」と感じることがあるでしょうか。 もしかしたら …

下痢をすると、お尻がヒリヒリ痛くなる理由とは?

先日、食べた物が当たったのかエアコンでお腹が冷えたのかは分かりませんが突然の腹痛 …

風邪を引くとトイレが近くなる理由

少し前に風邪を引いてしまいました。しばらく仕事が立て込んでいて終わった瞬間に緊張 …