健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

食中毒にならないお弁当作りのポイント

職場や子どもの学校にお弁当を作って持って行く人は少なくありませんが、夏の時期は何と言っても食中毒にかからないように十分な配慮が必要です。

せっかく頑張ってお弁当を作ったとしてもお腹を壊してしまっては大変です。今回は夏場にお弁当を作る際に気を付けたいポイントを紹介しています。
 

食中毒にならないお弁当の作り方

まず第一に気を付けたいのがお弁当に水分が多く含まれないようにすることです。お弁当の中に水分が多いと細菌が繁殖しやすい環境を作り出すことになります。

具体的には生野菜やフルーツなどは水気をよく切ること、おかずも汁気をよく取ってから詰めることや、ご飯も熱いままだと湯気が原因で水気を含むことになります。

同時に殺菌効果のある物をお弁当に入れることよっても菌の繁殖を防ぐことができます。例えば梅干しは殺菌効果の高いことで知られています。もし梅干しが嫌いでなければご飯の真ん中に少量入れておくだけでも安心です。

他に葉物の中ではシソ・ネギ・ほうれん草・ハーブ類などがありますのでおかずの中に上手に取り入れることができるでしょう。

お弁当の持ち出しと保管方法

一番確実なのは保冷バッグの中にお弁当を入れてなおかつきちんと保冷剤も入れておくことです。オフィス内でも直射日光の当たる場所は避けて日陰になる場所で涼しい場所がベストです。

車の中はエアコンをかけて運転していれば問題ありませんが、エンジンを切った状態で入れたままにしておくと室温がかなり高くなるのでお弁当も傷んでしまいます。

ちょっとした工夫でお弁当が傷まないようにすることができるので、夏の時期はできるだけ心がけるようにしましょう。
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

緊張すると手足が冷たいと感じる理由とは?

仕事上で大きなストレスを抱えて緊張すると手足が冷たいと感じることはありませんか。 …

症状に応じた心療内科と精神科の見分け方とは?

なんか最近身体がずっとだるい、やる気がしない、気持ちが塞ぐなど誰でも感じることが …

ガーデニングが心身の健康に役立つ理由とは?

ガーデニングは心身の健康を保たせるのに役立つのをご存知でしょうか。 体系的に行わ …

えっ風邪!?実は秋の花粉症かも

9月になると少しずつ涼しくなりますが「少し体調が悪い」と感じることがあるでしょう …

お味噌汁が健康に良いと言われる理由

一般的に洋食よりも和食の習慣を持っている人のほうが成人病や様々な病気にかかりにく …

お年寄りの熱中症を予防する方法

夏場(6月から9月くらい)の時期になると心配になるのが熱中症です。熱中症は命にも …

知っておこう!夜勤と乳がんとの関係性について

人は元々朝起きて夜になると眠くなる仕組みになっています。 このような生活を幾千年 …

冷房病(クーラー病)で下痢になる原因と治し方

暑くなると冷房なしでは生活できないのが日本の夏の特徴です。 しかし大抵は自宅や電 …

梅雨の時期に注意すべきカビの種類とは?

梅雨の時期に気を付けなければならないのが食中毒やカビの問題です。 カビにはお風呂 …

子どものアタマジラミ予防/対処法

ここ近年子どもたちのアタマジラミの感染が増えつつあるようです。 しかし多くの方に …