健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

食中毒にならないお弁当作りのポイント

職場や子どもの学校にお弁当を作って持って行く人は少なくありませんが、夏の時期は何と言っても食中毒にかからないように十分な配慮が必要です。

せっかく頑張ってお弁当を作ったとしてもお腹を壊してしまっては大変です。今回は夏場にお弁当を作る際に気を付けたいポイントを紹介しています。
 

食中毒にならないお弁当の作り方

まず第一に気を付けたいのがお弁当に水分が多く含まれないようにすることです。お弁当の中に水分が多いと細菌が繁殖しやすい環境を作り出すことになります。

具体的には生野菜やフルーツなどは水気をよく切ること、おかずも汁気をよく取ってから詰めることや、ご飯も熱いままだと湯気が原因で水気を含むことになります。

同時に殺菌効果のある物をお弁当に入れることよっても菌の繁殖を防ぐことができます。例えば梅干しは殺菌効果の高いことで知られています。もし梅干しが嫌いでなければご飯の真ん中に少量入れておくだけでも安心です。

他に葉物の中ではシソ・ネギ・ほうれん草・ハーブ類などがありますのでおかずの中に上手に取り入れることができるでしょう。

お弁当の持ち出しと保管方法

一番確実なのは保冷バッグの中にお弁当を入れてなおかつきちんと保冷剤も入れておくことです。オフィス内でも直射日光の当たる場所は避けて日陰になる場所で涼しい場所がベストです。

車の中はエアコンをかけて運転していれば問題ありませんが、エンジンを切った状態で入れたままにしておくと室温がかなり高くなるのでお弁当も傷んでしまいます。

ちょっとした工夫でお弁当が傷まないようにすることができるので、夏の時期はできるだけ心がけるようにしましょう。
 

 - 健康まめ知識

  関連記事

海外生活者におすすめ!自宅で納豆を作って腸内環境を整えよう

海外で生活していると、どうしても日本食が恋しくなってしまうものです。特に納豆や味 …

セプテンバーリスクとは?対処法について

セプテンバーリスクと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。 私は今までありません …

効果が上がるウォーキングの時間とは?

健康促進のためにウォーキングを行っている方は少なくないと思います。ウォーキング自 …

一日に水をどの程度飲んだら良いのか?

人が生きていくために欠かせないのが水の存在。 普段の生活ではそんな事はあまり意識 …

気をつけて!大人あせもの原因と対処法

これから夏の時期にかけて気になるのが汗対策です。日本の夏はジメッとした時が続くの …

ビワの葉とこんにゃく温湿布で毒出しをする方法

以前うちの家族が友人から聞いた民間療法としてビワの葉をこんにゃく湿布を載せて患部 …

気象病?台風が近づくと頭痛がする理由と解消法

天気予報を見ると台風が徐々に近づいており私の住んでいる地域にも影響がありそうです …

梅雨の時期に注意すべきカビの種類とは?

梅雨の時期に気を付けなければならないのが食中毒やカビの問題です。 カビにはお風呂 …

白湯(さゆ)が冷え性改善や身体に良い理由とは?

私には中国人の友人たちがいます。 彼らは事あるごとに水をよく飲むようにすすめてき …

豚の生レバーを食べても安全か?

2014年中にE型肝炎にかかった人が150人ほどおり、原因の中で一番多かったのが …