健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

リンゴ病の流行と妊娠している方が注意する理由

東京都ではリンゴ病に関する流行警報が出されています。(2015年6月現在)

今の親御さんの世代であれば大抵の方が知っているリンゴ病ですが、実際に流行するとどのような影響が生じるのでしょうか。

特に妊娠している方が感染するとリスクを生じさせるので注意が必要です。ここではリンゴ病について簡単に内容をまとめています。
 

リンゴ病の正体は伝染性紅斑という病気

現在この病気がリンゴ病と呼ばれているのは頬に赤い発疹ができてリンゴのようになるのでそう呼ばれています。しかし正式名称は伝染性紅斑と言うものでウイルス( パルボウイルス)によって感染するものです。

主な感染経路は飛沫(ひまつ)によるもので咳やくしゃみを通じてウイルスが飛び散ってゆきます。他にもウイルス保菌者の分泌物との接触によっても感染することがあります。

現在のところワクチンなどの有効な予防手段はなく、手洗いやうがいを心がけることによって感染を防ぐしかありません。では実際に感染したらどのような症状が出るのでしょうか。

リンゴ病の症状-妊娠している方は注意

主に感染しやすいのは子どもたちで、風邪のような症状を伴います。時には熱も出ることがありますが割合は高くありません。

リンゴ病特有の紅斑(ほっぺが赤くなる)が出る頃には既に感染力はないため、インフルエンザのような学級閉鎖は今のところないようです。

ここまで考えるとあまり心配のない病気に思われがちですが、実は気を付けなければならないタイプの方とは妊娠している方たちです。

リンゴ病は大人でもかかることがある病気ですが紅斑は出ないことが多く、風邪の時にかかるような倦怠感や手足に症状が出るにとどまるようです。

しかし妊娠している方がリンゴ病にかかると、流産してしまうおそれもあるので特に注意が必要です。大人になって初めてリンゴ病にかかった方は婦人科に相談されることをおすすめします。
 

 - 病気の原因や対策

  関連記事

【保存版】血流を改善して肩こりを解消する方法

デスクワークをされている方の多くが肩こりを抱えています。実際に病院へ行くほどでは …

要チェック!冬季型うつ病の原因と治療法

以前に友人から受けた相談で「毎年冬になると体調が悪くなる、特に気持ちがふさぐこと …

乳がんの検診を市町村の開始時期より早く行う理由

以前に身内で乳がんが発見された人がいます。ちょうど40歳になった時の市町村の婦人 …

職場で風邪を引いたら誰がマスクを付けるべきか

風邪が流行る時期になると職場でも一人、また一人と風邪を引いていく人が増えてゆきま …

プール熱(咽頭結膜熱)の症状と二次感染を防ぐ

昔は子どもたちにとって夏といえばプール!と言うほど楽しみにしていましたが今はどう …

白目が赤くなった!眼科で結膜下出血と診断

鏡を見ると白目の部分が赤くなっているのに気が付きました。 どうやら出血しているよ …

脂肪腫は病院の何科で診てもらえるの?

先日うちの家族にに異変が・・ ちょうど顎の下辺りですがポコっと小さなコブみたいな …

膝のぐらつきを抑える方法

最近歩いていて膝がぐらつくと感じることはありませんか。 膝のぐらつきには様々な理 …

意外と知らないインフルエンザ流行の開始基準

昨日のニュースでインフルエンザが全国的に流行し始めたと報道されていました。毎年こ …

糖尿病を予防するために、まず知っておきたいこと

日本における糖尿病の患者数はすでに700万人を超えており、予備軍と呼ばれている人 …