健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

歯槽膿漏の初期段階での治し方

ここ最近、前歯の付け根がほぞ痒い感じがします。

それだけでなく軽く押すだけで血や膿のような物が少し出るので心配になっています。特に疲労がたまっている時には症状が顕著です。

私は元々前歯に義歯をかぶせているので、その部分が歯槽膿漏になった可能性大です。今のところ歯茎が腫れたり歯がぐらつくことはないので初期段階だと思いますが、ここで治しておかないと後々面倒になります。

どんな方法で治せるのか備忘録として残しておきます。
 

ブラッシング/歯槽膿漏薬を使う

歯槽膿漏とは歯を支えている歯槽から膿が出てくる状態を指します。主な原因は歯石に付着した細菌です。歯石は元々歯垢がこびり付いていたものが時間が経って硬くなったものですが同時に細菌も繁殖してゆきます。

これほ放っておくと付着した細菌が歯周病を引き起こしますが、歯槽膿漏も歯周病の段階が進んだ状態と言えるでしょう。

初期段階の歯槽膿漏を治すにあたり、ブラッシングはとても大切です。ブラッシング(歯間ブラシも)をしっかりすることで、歯垢を上手に落とすことができるので細菌の広がりを防ぐことができます。

同時に歯槽膿漏薬を使うことができます。歯科医の方が紹介しているものもありますし、初期段階であれば市販薬でも治ることがあるようです。

この手の歯槽膿漏薬は指を使って歯と歯茎の間一帯に塗りこんで殺菌と同時に炎症を治します。医薬品の部類なので特定の商品はお勧めしませんが、初期段階の歯槽膿漏であれば評判の良い物を使ってみる価値ありです。

◆早めに歯科医の受診を

ここまで治療法を紹介しておいてアレですが、やはり一度は歯科医の受診を早めにされることをおすすめします。

歯槽膿漏の原因となっているのは多くの場合プラークコントロールが十分ではないことが考えられます。今回歯槽膿漏になった部分は治ったとしても歯石が形成しやすい状態であれば、遅かれ早かれ他の箇所に症状が出てくる可能性があります。

一度歯石になってしまった部分は自分では除去できないので、歯科医にお願いして取り除いてもらう必要があります。つまり歯科医を受診することとセルフケアを合わせて歯槽膿漏を初期段階で治してゆくことが大切なのです。
 

 - 病気の原因や対策

  関連記事

意外と知らないインフルエンザ流行の開始基準

昨日のニュースでインフルエンザが全国的に流行し始めたと報道されていました。毎年こ …

花粉症の時期に避けるべき食べ物と飲み物とは?

3月に入ると日本列島のほとんどの地域が花粉で覆われるようになります。お住まいの場 …

理由が分かれば安心!生理前のイライラを抑える方法

ある調査によると女性の9割以上の方が生理前になると普段よりイライラすると感じてい …

経口補水液-下痢になった時の水分補給法

先日急にお腹が痛くなり下痢に悩まされてしまいました。一日5回も下痢でトイレにいく …

夏の時期にピークを迎える手足口病に注意

お子さんのいる家庭であれば誰でも知っている手足口病ですが夏の時期になると流行のピ …

要チェック!冬季型うつ病の原因と治療法

以前に友人から受けた相談で「毎年冬になると体調が悪くなる、特に気持ちがふさぐこと …

咳エチケットとは?社会人としての基本的なマナー

冬の時期になるとインフルエンザが流行ってきますね。実はインフルエンザであっても風 …

実は虫歯よりも恐い!?歯肉炎と歯周炎の違いとは?

最近歯をみがいている時に歯から血が出ることに気が付きました。私の以前の認識だと「 …

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と扁桃腺の関係

ここ最近気になっているのが睡眠時に呼吸が止まることです。熟睡している時、急に苦し …

生食は危険!鶏肉がカンピロバクター食中毒の原因に

皆さんはご存知でしょうか?食中毒の原因として多いのがカンピロバクター菌です。 ノ …