健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

セデンタリー症候群とは?仕事中にできる対処法

「座りすぎの弊害」というのをご存知でしょうか?これはセデンタリー症候群と言ってデスクワークに長時間従事している方の多くが該当します。

一日中仕事で椅子に座って作業しているとほとんど動かないことが多く、その結果運動不足となり肥満率が上昇します。そうなると糖尿病をはじめとして心疾患や様々な病気にかかる確率が上がるのです。

座りながら作業している方が歩きまわるより楽に感じます。しかし一日中外で肉体労働をしている方に比べるとカロリーの消費量が圧倒的に少なくメタボになりやすいのも事実です。

つまり座り過ぎによる様々な疾患率の上昇につながる状況をセダンタリー症候群と呼ぶのですが、どのようにして予防することができるのでしょうか。
 

仕事中にできるだけ歩くように心がけるには?

朝の通勤時と夕方の帰宅時を除いて一日仕事をしている中でどのくらい歩いているでしょうか。一番理想的なのは一時間ごとに少し歩く時間を設けることですが自由が利かないかもしれません。

それで昼休みの時間は外で食事を取るにしてもついでに歩くように心がけたいものです。10分から15分くらいでも構わないので身体を動かす時間を取り入れるようにしましょう。

簡単にできる別の方法としては「階段の昇り降り」が挙げられます。できるだけエレベーターを使わないで階段を使うようにするだけで歩く距離を稼ぐことができます。

人間は自然と楽な方に流れがちなので、それと反対の方向に向けた行動をするようにするだけでも身体の鍛錬にもなります。なおかつ長期的に見て運動不足が起因する疾患を避けることができるので一石二鳥です。

まとめ:身体に悪影響を及ぼす習慣は改善しよう

セデンタリー症候群はタバコと同列に挙げられるほとの害があると言われています。害の程度について判別するのは簡単ではありませんが、座りっぱなしの生活は確かにマイナスになるので、できるだけ歩くことを考えるようおすすめします。
 

 - 病気の原因や対策

  関連記事

【保存版】血流を改善して肩こりを解消する方法

デスクワークをされている方の多くが肩こりを抱えています。実際に病院へ行くほどでは …

急に腰を痛めた時(筋・筋膜性腰痛症)の対処法

先日、突然腰を痛めてしまいました。 昼食をいただいていた時に急に腰が痛くなり動か …

全身性エリテマトーデス(SLE)と精神障害の関係

私の友人で昨年から言動が普段の様子とは異なることが多くなった人がいます。周囲から …

つばを飲み込む時に喉がつかえる感じがするのは?

最近つばを飲み込む時に喉に何かがつっかえている感じがしてなりません。意識してつば …

職場でもすぐにできる!簡単ストレス解消法

ストレスは免疫力を低めて風邪の原因になるだけでなく、様々な病気の元になりかねない …

禁煙をする時にお酒の量を制限する必要性とは?

最近はタバコの値段が高くなってきているのと健康への害が取り上げれらることが多くな …

生食は危険!鶏肉がカンピロバクター食中毒の原因に

皆さんはご存知でしょうか?食中毒の原因として多いのがカンピロバクター菌です。 ノ …

プール熱(咽頭結膜熱)の症状と二次感染を防ぐ

昔は子どもたちにとって夏といえばプール!と言うほど楽しみにしていましたが今はどう …

正中頸嚢胞とは?原因と治療法を詳しく解説

少し前に家族が脂肪腫らしきものになったと書きましたが実は事態の進展が見られました …

咳エチケットとは?社会人としての基本的なマナー

冬の時期になるとインフルエンザが流行ってきますね。実はインフルエンザであっても風 …