健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

脂肪腫は病院の何科で診てもらえるの?

先日うちの家族にに異変が・・

ちょうど顎の下辺りですがポコっと小さなコブみたいなものができて、ここ2~3日でますます大きくなりました。今のところ2センチ位の大きさまで形成されました。

押すと痛みがあるようでちょっと心配です。数日後に病院で診てもらう予定ですが何科で診てもらえば良いのか調べてみました。
 

もし脂肪腫ならば形成外科で診てもらえる

今回発生した小さなコブ状のような物が恐らく脂肪腫であろうかという理由は幾つかあります。子供の頃に脂肪腫になったことがあり、現在も腕に数ミリ程度の脂肪腫が残っているからです。

もちろん皮膚下に形成された脂肪腫が良性か悪性(脂肪肉腫)かは生検に出してみないと分かりません。現在は押すと痛かったりするので恐らく良性かと楽観的に考えています。

形成外科というのは身体の特定の部位に応じて治療する他の科とは違って範囲は体全体に及びます。皮膚や皮膚下に生じた組織の異常による疾患の治療を行います。

適応範囲は皮膚科とも重なりますが形成外科で扱う治療一覧を見ると、機能や審美性の回復に重きを置いているとも言えます。詳しくは日本形成外科学会のホームページをご覧ください。

[関連サイト] 日本形成外科学会-形成外科で扱う疾患一覧

病院によっては「皮膚科・形成外科」と両方記載されており脂肪腫を診てもらうことができます。ただし脂肪腫であれば手術(皮膚を切開して脂肪腫を除去する)が唯一の治療手段です。

脂肪腫の種類や大きさによっては全身麻酔が必要になることがあります。そうなると入院になるのでもし脂肪腫が既に大きくなっていて心配な方は専門医のいる中規模以上の病院を受診するのがベターです。

[後日談] 今回のケースは正中頸嚢胞でした
 

 - 病気の原因や対策

  関連記事

経口補水液-下痢になった時の水分補給法

先日急にお腹が痛くなり下痢に悩まされてしまいました。一日5回も下痢でトイレにいく …

急に腰を痛めた時(筋・筋膜性腰痛症)の対処法

先日、突然腰を痛めてしまいました。 昼食をいただいていた時に急に腰が痛くなり動か …

風邪を引いた時に薬は必要ないのか?

お医者さんの中にも「風邪を引いた時に薬は要らない」という考えを持っている方がいる …

花粉症の時期に避けるべき食べ物と飲み物とは?

3月に入ると日本列島のほとんどの地域が花粉で覆われるようになります。お住まいの場 …

夏の時期にピークを迎える手足口病に注意

お子さんのいる家庭であれば誰でも知っている手足口病ですが夏の時期になると流行のピ …

正中頸嚢胞とは?原因と治療法を詳しく解説

少し前に家族が脂肪腫らしきものになったと書きましたが実は事態の進展が見られました …

要チェック!冬季型うつ病の原因と治療法

以前に友人から受けた相談で「毎年冬になると体調が悪くなる、特に気持ちがふさぐこと …

インフルエンザ予防に加湿器が役立つ理由

日本の気候では冬の時期が一番風邪を引きやすい時です。インフルエンザも冬になると流 …

乳がんの検診を市町村の開始時期より早く行う理由

以前に身内で乳がんが発見された人がいます。ちょうど40歳になった時の市町村の婦人 …

プール熱(咽頭結膜熱)の症状と二次感染を防ぐ

昔は子どもたちにとって夏といえばプール!と言うほど楽しみにしていましたが今はどう …