健康まめまめ知識

健康に役立つまめまめ知識を紹介しています。

インフルエンザ予防に加湿器が役立つ理由

日本の気候では冬の時期が一番風邪を引きやすい時です。インフルエンザも冬になると流行しますが、なぜ冬になると対策として部屋を加湿をするように言われるのでしょうか。

インフルエンザの予防と加湿にはどのような関係があるのでしょうか。
 

部屋を加湿することのメリット

冬の時期、特に太平洋側は非常に乾燥します。東京に至っては晴天率が高いのは嬉しいことですが湿度が低くなるので手を始め体全体がカサカサになるのを感じます。

乾燥は空気中のウイルスにとって絶好の機会となります。

風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは微小で空気が乾燥すると浮遊して地面に落ちるまでの時間が長くなります。逆に適度な湿度があるとウイルスは早く落下するので部屋の中にいても吸い込む確立が減るのです。

さらに乾燥した状態は体の粘膜(鼻や喉)の抵抗力を下げて感染しやすい状態を作り出すのでウイルス性の風邪やインフルエンザの原因となるのです。

◆室内の適性な湿度は50~60%

と言われています。
仮に40%を下回ると空気中にウイルスが漂うことになるので注意が必要です。

部屋の湿度を保つためには様々な方法があります。例えば濡れタオルを部屋に干したりお風呂上がりにドアを開けておくなどの方法です。

これらの方法は一時的には湿度が増えますが、適性な湿度を継続的に保たなければ意味がないので単なる気休め程度にしかなりません。

やはり加湿器は必要

室内を適性な湿度にコントロールするためにも加湿器は欠かせません。冬場の時期はエアコンとの併用で若干電気代も上がりますが、インフルエンザ予防のためには必要不可欠なアイテムの一つです。

湿度が上がると部屋も暖かく感じるので一石二鳥です。
 

 - 病気の原因や対策

  関連記事

意外と知らないインフルエンザ流行の開始基準

昨日のニュースでインフルエンザが全国的に流行し始めたと報道されていました。毎年こ …

新五月病(六月病)と五月病の違いと治療方法

以前は学校を卒業した新入社員がゴールデンウィーク開け頃になると何にもやる気がなく …

セデンタリー症候群とは?仕事中にできる対処法

「座りすぎの弊害」というのをご存知でしょうか?これはセデンタリー症候群と言ってデ …

プール熱(咽頭結膜熱)の症状と二次感染を防ぐ

昔は子どもたちにとって夏といえばプール!と言うほど楽しみにしていましたが今はどう …

本当に大丈夫?右脇腹の痛み-実は様々な原因がある

突然に右脇腹が痛くなったことがあるでしょうか。 場所が場所だけに心配になるのも無 …

夏の時期にピークを迎える手足口病に注意

お子さんのいる家庭であれば誰でも知っている手足口病ですが夏の時期になると流行のピ …

笑うことで免疫力をアップ-その方法

こちらでも書いたように風邪を引くのはウイルスに感染するからですが原因となるのは免 …

実は虫歯よりも恐い!?歯肉炎と歯周炎の違いとは?

最近歯をみがいている時に歯から血が出ることに気が付きました。私の以前の認識だと「 …

ナノイーなどの空気清浄機は花粉症に役立つか?

花粉症の時期になると外出時だけでなく家にいる時も何とか花粉症の症状が出ないように …

全身性エリテマトーデス(SLE)と精神障害の関係

私の友人で昨年から言動が普段の様子とは異なることが多くなった人がいます。周囲から …